ARITAのこだわり

プロテサン牛とは

健康に育つ牛だからこそ美味しい、人のカラダにも優しい。 乳酸菌による極上の旨味溢れるプロテサン牛の味わい。

腸内環境を整える乳酸菌を与え、おなかの中から元気な健康牛を飼育しています。

  • 特許所得 FK-23菌投与
  • 国内の契約農家で飼育

健康に育った牛こそが本当に美味しい牛であるという信念のもと、乳酸菌を与え飼育したプロテサン牛。

善玉の乳酸菌「FK-23」が牛の体内を元気に活性化させることで、独自の旨味や脂、ホルモンが形成されることが大きな特徴です。

短角プロテサン和牛とは

日本でもその数が少ない幻の牛である短角牛を乳酸菌飼育に
よって生み出された、極上の旨味に脂がサラッとして胃が
もたれない、体に優しい味わいの短角プロテサン和牛

「和牛」として定められている品種は4種類あり、黒毛和種、褐毛和種、無角和種、そして日本短角種です。
デイリー社グループが自社で日本短各種の子牛を産ませ、放牧し、健康でおいしい肉牛を育てております。是非とも幻の赤和牛をご賞味ください。

 黒毛和種は160万頭以上飼育されていますが、日本短角種は東北地方の一部と北海道でしか飼育されておらず、全国で約5000頭、青森県では500頭しか飼育されておりません。種の保存が必要な、とても珍しい和牛です。

 出産後母親の母乳で育ち、放牧を経て、冬の間は牛舎で干し草中心の配合飼料を与えます。栄養豊富な干し草は、枯草とは全く異なるものです。
 日本短角種は牧草中心で育て、配合飼料は黒毛和種に比べて制限し与えます。配合飼料を与えすぎると、脂身が多くなり、良質な赤身の歩溜まりが悪くなるからです。 出荷前の6ヶ月間は1日当たりヨーグルトに換算して24Lの乳酸菌を与え、肉量が多くなった和牛の健康を管理し、健康でおいしい肉づくりにこだわっています。
与えられる乳酸菌は、ヒト由来の腸内細菌「FK-23」で機能性乳酸菌といわれるものです。11の特許を取得し、現在も多くの大学など研究機関と共同開発を実施しています。その有用性から、さらに特許出願中です。

短角プロテサン和牛 短角プロテサン和牛 短角プロテサン和牛
  • 特許所得 FK-23菌投与
  • 国内の契約農家で飼育

 健康に育った牛こそが本当に美味しい牛であるという信念のもと、乳酸菌を与え飼育した短角プロテサン和牛。

 善玉の乳酸菌「FK-23」が牛の体内を元気に活性化させることで、独自の旨味や脂、ホルモンが形成されることが大きな特徴です。

 最近美味しくてヘルシーと注目される赤身肉は鉄分も豊富で、長寿社会の健康寿命・アンチエイジングの食材としても注目されています。

 農業法人エムケーヴィンヤードはデイリー社グループの一員として、青森県下北半島にて畜産事業とワイン用ブドウの栽培を行う農業法人です。

 精算されたブドウは、系列企業のサンマモルワイナリーにてワインとなり、数多くの賞を受賞しております。デイリー社グループが製造するワインと合わせて、是非とも幻の赤和牛をご堪能ください!

乳酸菌(FK-23菌)飼育のプロテサン牛の秘密

乳酸菌のFK-23は、腸内環境を整えることで広く知られていますが、その乳酸菌を牛に与えて飼育することで体内が活性化され、非常に美味しい肉質になることが分かっています。

世界初!乳酸菌(FK-23菌)飼育 プロテサン牛

ARITAでは長年の研究結果をもとに、牛に乳酸菌を与えて飼育しています。数々の特許を持つ乳酸菌FK-23を与えることで、健康な牛が育ちます。

プロテサン牛の美味しさの秘密
  1. 1.肉の旨味!
    通常飼育牛とFK-23菌投与牛の肉質を味覚センサー試験で調査。その結果、ロース肉では通常肉よりもFK-23菌投与牛の方が「旨味コク」「苦味雑味」「旨味」成分が多い事が判りました。
  2. 2.脂が美味しい!
    プロテサンを食べて育った牛の脂は不飽和脂肪酸が多くなり、融点が低くなる為、サラッとしていてしつこくないのが最大の特徴です。
  3. 3.究極のホルモン!
    乳酸菌による整腸作用により、臭みが全くなく、色艶のきれいな最高級のホルモンが生まれます。
健康食品として評価が高いプロテサン
乳酸球菌(FK-23菌)含有食品

「FK-23菌」とは、ニチニチ製薬が研究開発した特許を持つ乳酸菌で独自の加熱処理技術により生菌の3倍もの免疫力を高める力があります。

  • 白血球減少治療剤(特許第3272023号)
  • 感染防御剤(特許第2969017号)
  • C型肝炎治療剤(特許第2712000号)
  • 毒性軽減剤(特許第3040699号)
  • 抗腫瘍剤及びその製造法(特許第3040711号)
  • 血圧降下剤(特許第2889491号)
  • 血圧降下剤(特許第2889481号)
  • 酒さ治療剤(特許第2944662号)
  • 抗アレルギー剤及びその製造法(特許第3040744号)
  • 色素沈着抑制剤(特許第4326905号)
  • Ⅱ型肺胞上皮細胞活性剤(特許第5451703号)
自社管理でしっかり肥育

-美味しくて上質な牛肉を届けるまで-

1.仔牛の買い付け

買い付けの際には、経験豊富なバイヤーと共に、血統の確認と健康状態のチェックが行われます。(目は澄んでいるか。毛並みは綺麗で艶があるか。体型全体を見て脚がしっかりしているか。など)

個体識別番号にて「出生の年月日」「雌雄の別」「母牛の個体識別番号」「種別(品種)」「飼養場所の履歴」を確認することができます。

2.自社牧場にて肥育

厳しいチェックをクリアした牛たちは、清潔な牛舎にて飼育され、毎日決められた分量の乳酸菌(FK-23)が投与されます。さらに、日常的な健康チェック、飼料はしっかり食べているか、牛同士が仲良くしているかなどの管理もしっかり行います。

ストレスのない環境を整備することにより、健康で元気なプロテサン牛が育てられます。

3.食肉加工

低温室の清潔な加工場で、熟練された職人がスピーディーに肉を加工していきます。ニチニチ製薬による衛生指導のもと、肉の保管、運搬、店頭まで全ての流通過程において衛生管理が徹底されています。

仔牛の買い付けから店頭まで一貫管理
だからプロテサン牛は「美味しい!!」「安心・安全!!」

乳酸菌(FK-23)を用いたプロテサン牛の肉質の研究は20数年続けられており、最高の牛肉をつくる為に、現在も日々研究が進められています。また、食肉の安全性が厳しく問われる時代背景だからこそ、手間を惜しまず自社で徹底した一貫管理を実施している為、より安全で安心なプロテサン牛肉をお届けすることができます。